【絵本&CD】Rumble in the Jungle & The Lion Who Wanted To Love

日本では知られていない、ステキな絵本を 2 冊。

Giraffes Can’t Dance(邦題:『きりんはダンスをおどれない』) で有名なイギリスの作家、Giles Andreae (ジャイルズ・アンドレイ) の作品です。

Rumble in the Jungle

邦題がありませんが、”Rumble” というのは「ワーワー、ガヤガヤ」のような擬音語で、動物たちがジャングルは大騒ぎしている様子を表しています。

ボードブックも持っているのですが、CD が欲しくてペーパーバックを書い直した。

CD つき、買って良かったです!

絵本は見開き毎にジャングルに住む動物達が登場しますが、CD をかけながらページをめくって行くと、「ジャングルの中にやって来た〜」という雰囲気が出ます。

動物独特の動作表現がたくさん出て来ますが、絵と言葉と音楽がセットになることで、言葉のニュアンスがよく伝わってきます。

The Lion Who Wanted To Love

優しいライオン “Leo” の冒険のお話。CD つきは見つからず、ボードブック版を購入しました。

こちらはストーリーもの。会話や動作表現が多く出て来ます。イギリス英語です。

Amazon.co.jp

対象年齢について

どちらもボードブックは対象年齢が 0 歳からとなっていますが、文章がそれなりにあるので、落ち着いて読んでもらえるのはもっと先でしょう。

小さいうちは「本を読む」というより「本をめくるのを楽しむ」ところから始まるので、お膝の上で読んであげていても、どんどんページをめくられてしまいます。

なので私は「順番通りに、全てを読まなくてはならない」という意識は捨て、「子供がめくったページを少し読む」という感じでやっています。

むしろ文章は気にせず、絵について話したり、成長に合わせた質問をしたり…というやり方で、0 歳から与えて来ました。

カラフルで、きれいなもの、たくさん与えてあげたいですね。

おすすめ購入先

どちらも Amazon.co.jp で購入しました。

Rumble in the Jungle” の CD つきは中古でしか手に入らず、マーケットプレイスの ZOverstocksJPN というお店から買いました。この業者は何度か利用していますが、今まで特に対応に問題はありません。

ただ海外から送られて来る中古品については、商品の状態・梱包などは日本の基準より大分甘いのが普通。「良い」となっていても、期待しない方が良いです :mrgreen:

似たような商品ページが幾つかあるので、CD つきを買う時は “CD & Books” と書いてあるものを選びましょう

3年前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA