「英語幼稚園に行きたい」と言い出した

生活に必要な英語を身に付けたい

来年度から転園することになり、転園先を選んでいますが、子供が「英語幼稚園に行きたい」と言い出しました。

今の園に入った頃は、「日本語の幼稚園が良い」「英語で話さないで」と言っており、しばらく英語から離れていました。それがいつの間にか、急に英語に対してやる気を見せ出しており。どうも、園の大好きなお友達が英語を習っているからのようです。親の影響より大きい、友達の影響よ・・・。

えー💦英語幼稚園はお弁当だから困るな〜💦

私は毎日お弁当を作るのが嫌なこともあり、最初の園選びの時は完全給食の園しか考えていませんでした。だけど今回は子の意志が強そう・・・ここは自分も覚悟を決めようかな・・・。

私が選んだ園には行くのを嫌がり、別れ際も名残惜しそう。だけど、自分から「やりたい」と言った習い事には積極的に行きたがり、「ママはどっか行ってて」と言ってくる有り様です。特に一番好きな習い事では、私が部屋の外にいて見えなかろうが、一人で長時間集中して取り組んでいる・・・。そんな感じで幼稚園にも毎日楽しく通ってくれたら、お互いもっと充実するだろうな〜。

そういうわけで、園生活に使えそうな英語を毎日少しずつ身につけて行くことにしました。

その園は子供に無理に英語オンリーの環境を強要せず、日本人の先生がサポートに入ってくださり、英語ができる・できないで判断されない感じなので、大丈夫ではあるでしょうけれど。だけど他の子供たちは赤ちゃんの頃からやっているので、途中入園した自分だけ先生の話がわからなくて困るかもしれないし、なるべく分かった方が絶対に楽しいと思うからです。

それまでの英語のやり方と、子供の様子

今までは、ただ絵本をたくさん買って並べておき、「本人が読みたい本を、読みたいと選んだ時に読む」という、ゆる〜いスタイルでやってきました。そのせいか、子供の英語力が安定していない感じなんですよね (私的にはそれで全然良かった。子供は日々英語を使わなくてはならない環境にいないので)。

急に難しい文章で話し出すこともあるのに、簡単な会話が成り立たないこともあります。ただ子供は本と歌のおかげで、アルファベットは全部わかるし、単語も色々と知っています。後は使う機会をもう少し多くすれば、入園までにそこそこ身に付きそうかな?

お風呂タイムに英語を使う

英語の本を読む時は、会話も英語ですることが多いですが、私達の普段のやり取りは、ほぼ日本語オンリーです。

それを、お風呂の中だけ英語にしてみました。そして、入っている時間に合わせて一日 2 つだけ、英語を教えてみることにしました。

その日にお風呂に持って来たおもちゃを使って新しい単語を教えたり、簡単な会話をすると、子供も喜んでくれ、楽しいお風呂タイムとなります。「2 つの表現だけ」と決めて、同じようなやり取りを繰り返すことで定着を図っています。

ORT を使って簡単な英会話を

これまでは、「今日はこの本を読みましょう」「この教材を使って○○を身に着けましょう」といった働きかけを、私から子供にしたことは全然ありませんでした。そのため、興味が無い本は全く読まずに残っています。

だけど「日常会話を身に着けさせてあげよう」という目標ができたので、ちょっとした働きかけをしてみることにしました。お風呂での英語タイムに加え、絵本で意識的に英会話をやってみることに。子供が着いてくるようなら、ですが。

以前買ってあった ORT (Oxford Reading Tree) を使って、予習/復習して行きます。ORT はその時に学びたいトピックを選べ、シーン毎に関連表現や単語と紐付けて学べるので、使いやすいのです。

詳細は別記事にしますね。

↓ 私が ORT を購入した The Book People はコロナ以降、新規オーダーを受付しない状態が続いています。せっかく洋書を安く買える貴重な本屋さんだったので、とても残念です。

私が今買うとしたら、メルカリWish で、なるべく実績のあるセラーが 1 万円くらいで販売しているセットを買うかな。CD つきが良い場合は Amazon.co.jp で。

音声ペンつきの中国版も売られていますが、音声ペンを買うなら自分はフルセット揃えたくなっちゃうので危険かな😂 フルセットだと結構高額な買い物になってしまう💦 ちゃんと使えるのならお得な買い物でしょうけれど、子供が気に入るかどうかわからないのに豪華セットを買うのは怖いなあ💦

何にしても、フリマだと「失敗」する率がちゃんとした店に比べて高まるので、そこでの買い物は「この金額なら多少失敗しても良いか」と思える範囲で行った方が良いですね。

3週間前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA